Careers 無料見積り・お問い合わせ メニューを開く
JV-IT

ニュース NEWS

Archive
Archive
2020.5.08

オフショア開発のメリットとデメリット

オフショア開発を検討される際に気になるのは、メリットとデメリットではないでしょうか。

もちろん物事には良い面もあれば、悪い面もあるように、オフショア開発においても同様です。

しかしながら、オフショア開発はあくまで手段にすぎませんので、いかにオフショア開発を活用するかが重要です。

本記事ではオフショア開発のメリットとデメリットを理解し、どのようにオフショア開発を活用すべきかをご紹介いたします。

100%確実に開発コストが下がる
最強の仕組み!

本気でなんとかしたい方の無料相談募集中です。

無料相談 & お問い合わせ

 

オフショア開発のメリットとは?

 

大幅な開発コストの削減ができる

 

オフショア開発先は日本と比べると大幅に人件費が安いです。

日本人と比較してITエンジニアの人件費は1/2〜1/3程度です。

また物価も日本よりも安いため、間接費込の人月単価で、50%程度のコスト削減が可能です。

 

優秀なエンジニアを確保しやすい

 

オフショア開発先は新興国がほとんどで、平均年齢が若くて労働市場に若い人材が多いです。

もちろん若いエンジニアも豊富におり、国としてIT教育に力を入れているので、人材の質も高いです。

また日本に比べると割安な報酬でも現地では高給なので、コストを抑えた形で若くて優秀なエンジニアの確保が可能です。

 

納期の短縮をすることができる

 

オフショア開発では同じ予算でも、日本よりも多くのエンジニアをアサインすることができます。

そのため開発工数を増やすことができるので、日本で開発するよりも納期の短縮が可能です。

日本だと高くなりがちなエンジニアの単価を低く抑え、マンパワーを活用して開発を行うことができます。

100%確実に開発コストが下がる
最強の仕組み!

本気でなんとかしたい方の無料相談募集中です。

無料相談 & お問い合わせ

 

オフショア開発のデメリットとは

 

単発の小規模案件ではコストが割高になる

 

100万以下の単発案件の場合は、どうしても見積りにバッファ分の金額が織り込まれるため、割高になってしまいがちです。

2〜3人月以上で数ヶ月にわたる開発の中規模案件であれば、明確に日本で開発するよりもコストを抑えることが可能です。

また6ヶ月以上の契約を前提としたラボ型開発の形式であれば、個社毎のプロジェクトの進め方をオフショアメンバーも学習することができるため、日を追う毎に開発の生産性アップが期待できます。

 

日本における当たり前が通じない

 

日本人同士であれば阿吽の呼吸で伝わるようなことが、オフショア先ではそうはいかない場合があります。

仮に日本の外注先に出す場合でも、仕様については明確に取り決めておいた方がいいように、オフショア先へも丁寧に仕様を共有することが重要です。

「言わなくても分かるよね」というスタンスではなく、少し伝え方を丁寧にすることで成果が変わってきます。

 

時差や言語の違いによるコミュニケーションのしづらさ

 

日本とオフショア先では時差があるため、日本が始業していても現地では始業していない場合があります。

またオフショア開発においては日本語ができるメンバーがサインされるケースがほとんどですが、ネイティブではないので細かなニュアンスが伝わりづらいことがあります。

工夫次第で解決できる違いではあるため、プロジェクトを始める前に前提として抑えておくことがその後の円滑化につながります。

100%確実に開発コストが下がる
最強の仕組み!

本気でなんとかしたい方の無料相談募集中です。

無料相談 & お問い合わせ

 

オフショア開発を最大限活用するには?

 

中長期的なラボ型開発を行うべき

 

先述したようにオフショア開発は単発・短期ではコストメリットが出づらいです。

中長期的なプロジェクトを共同で取り組むことによって、日本での開発よりも予算の削減が明確となります。

またプロジェクトの年数分だけノウハウが蓄積し、オフショア開発の生産性が積み上がります。

弊社では一度プロジェクトを開始すると、少なくとも4〜5年はご一緒するケースがほとんどで、お客様の専属開発チームとして機能しております。

 

現地で日本人によるサポートを受けるべき

 

オフショア開発先の企業は現地の方が経営を行っていたり、日本資本の会社でも駐在は現地の方のみの場合があります。

もちろん日本での就業経験や日本人とのプロジェクト経験が豊富な方がマネジメントを行っている場合もありますが、日々の仕様のやり取りで上手く伝わらなかったり、トラブルが起きたときに一向に解決しないといった声も聞かれます。

弊社では現地に日本人で経験豊富なPMを駐在させており、コミュニケーションのサポートから、プロジェクトの進捗管理や品質管理を徹底しております。

現地のメンバーが折衝しても問題ないように教育をしておりますが、お客様からは現地に日本人がいる安心を感じていただいております。

 

開発コスト減と同時に品質を意識すべき

 

オフショア開発の魅力は何と言っても日本よりも開発コストが下がることですが、品質に対する意識を持たないと結果的にコストが高くなっていることがあります。

オフショア先からの成果物の品質が悪く、日本側で手直しが必要になるといったことは、オフショアあるあると言ってもいいでしょう。

せっかく日本人が動くよりも安くあがるはずだったので、日本人が稼働しているようであれば本末転倒です。

弊社では明確な品質基準を持っており、メンバーの評価精度も品質改善が自然と行われるように設計しております。

日本と同等、それ以上の品質を実現してこそ、オフショア開発でコスト減ができたと言えるのではないでしょうか。

100%確実に開発コストが下がる
最強の仕組み!

本気でなんとかしたい方の無料相談募集中です。

無料相談 & お問い合わせ

 

オフショア開発を当社に依頼するメリット

 

当社拠点のベトナムは時差が問題にならない

 

日本とベトナムの時差は2時間です。

日本の方が2時間先に進んでいるのですが、ベトナムは始業が日本よりも早いため、時差が問題になりません。

具体的に当社は8時に始業します。その時、日本は10時なので、日本側の朝会やミーティング後にスムーズに共同で作業に移行できます。

 

当社は品質管理を徹底している

 

当社は品質管理に力を入れております。一般的なオフショア開発にありがちな開発リソースを提供するだけではありません。

現地で日本人PMが仕様理解や進捗管理のサポートを行うのに加え、専属のQAチームが各開発チームの品質管理サポートを行っております。

また毎週チームごとに人材査定を行い、問題の早期発見・改善施策を徹底しております。

 

高度な案件に対応可能

 

当社では純粋な開発・製造フェーズだけではなく、保守・運用フェーズも得意としております。

また保守・運用フェーズにおいては、AWSサーバーのパフォーマンス・チューニングも対応可能です。

24時間高稼働するサーバーを安定運用させるような高度な案件もおまかせください。

100%確実に開発コストが下がる
最強の仕組み!

本気でなんとかしたい方の無料相談募集中です。

無料相談 & お問い合わせ

 

まずはお気軽にお問い合わせください!

お客様に合った開発チームをご提案させていただきます。

無料見積もり & お問い合わせ