Careers 無料見積り・お問い合わせ メニューを開く
JV-IT

ニュース NEWS

Archive
Archive
2020.4.17

【ポストコロナ時代に必須】オフショア開発とは|失敗しないシステム開発をベトナムで!

オフショア開発はポストコロナ時代のシステム開発に必須


新型コロナウイルスの影響で経済停滞の長期化が想定されるなか、システム開発においても企業の変革が求められています。

具体的にはシステム開発における変革のポイントは、以下の通りです。

開発コストの削減
└売上が伸ばしづらい経済状況において、コスト削減は収益アップのために必須

テレワーク・リモートワークを前提とした開発オペレーションの構築
└テレワーク・リモートワークでも、システム開発が回るような仕組みが必須

国内開発拠点のバックアップ体制の構築
└仮に国内開発拠点が止まったとしても、問題なくシステム開発が行える状況が必須

ここで挙げたポイントは「オフショア開発」を活用すれば、すべて満たすことが可能です。

オフショア開発は常時からコストが安くリモートワークが前提で、海外拠点による開発のため、企業にメリットのある取り組みです。

本記事ではこれからオフショア開発を検討される企業を想定して、オフショア開発の概要がつかめるように解説していきます。

貴社でオフショア開発を検討される際に、参考になさってください!  

100%確実に開発コストが下がる
最強の仕組み!

本気でなんとかしたい方の無料相談募集中です。

無料相談 & お問い合わせ

そもそもオフショア開発とは何か。

 

オフショア開発とは、システムの開発や運用保守を海外企業や海外の現地法人に委託することです。

具体的に委託可能な業務は、Webシステムやスマートフォンアプリの開発から、近年ではAI関連のプロジェクトまで多岐にわたります。

日本におけるオフショア開発は、1980年代から開発費の削減を目的として中国で始まりましたが、人件費の高騰を背景に委託先が移っており、近年ではインドやベトナム、フィリピン、ミャンマーといった東南アジアの国にも広がっています。

IPA(独立行政法人 情報処理推進機構)の「グローバル/オフショア動向調査」によると、2013年までに約31.9%の日本企業がオフショア開発を実施したというデータがあり、日本企業のオフショア開発は2020年現在も拡大が見込まれています。

 

オフショア開発の実施状況について(引用元:グローバル/オフショア動向調査)

引用元:IPA(2013)『IT人材白書2013』グローバル/オフショア動向調査【データ編】

100%確実に開発コストが下がる
最強の仕組み!

本気でなんとかしたい方の無料相談募集中です。

無料相談 & お問い合わせ

なぜオフショア開発に取り組むべきなのか。

 

日本国内におけるIT人材の不足

 

経済産業省の「IT 人材需給に関する調査(2019年3月)」によると、2018年時点でIT人材は22万人不足しているとのことで、今後のIT需要と生産性次第では2030年に最大で78.7万人の不足が起こると試算されています。

日本国内だけでIT人材をまかなうことは現実的に不可能になってきています。

 

IT人材・エンジニアの採用難易度の上昇

 

IT人材の根本的な不足を背景に、エンジニア求人は売り手市場となっており、正社員採用はもちろんのこと、フリーランス採用(業務委託採用)においても苦戦を強いられている企業がほとんどです。

また人材エージェント(人材紹介会社)へのフィーも高騰しており、企業として採用に費用かけられる体力のある会社が有利な状況となっています。  

 

IT人材・エンジニアへの報酬の高騰

 

IT人材は引く手あまたなため、企業側も自社に引き止めるために報酬を上げざるを得ません。

また最新技術や高度な技術を扱えるエンジニアは日本では希少性が高く、報酬単価が高くなる傾向にあります。

企業にとって人件費の高騰はコスト増になるため、IT投資をしたくてもできないようなケースが発生しています。

100%確実に開発コストが下がる
最強の仕組み!

本気でなんとかしたい方の無料相談募集中です。

無料相談 & お問い合わせ

オフショア開発を導入するメリットとは?


コスト削減ができる

 

オフショア開発委託先は日本と比べると人件費が安いため、システム開発コストを削減することが可能です。

具体的には日本と比べると、最低でも50%程度のコスト削減が可能です。

近年では中国やインドの人件費が上がっているため、ベトナムを中心とした東南アジアにおけるオフショア開発の費用対効果が高まっています。

 

開発リソースの確保がしやすい

 

新興国では日本に比べると生産年齢人口が多く、労働市場に若いIT系技術者が豊富です。

また賃金自体は日本の水準よりも低いため、日本よりも安い報酬で同程度のパフォーマンスを発揮する技術者を確保することが可能です。

 

国内拠点のバックアップができる

 

日本国内で地震や災害が起こったり、感染症が流行ったりして、日本拠点が休止に追い込まれた際に、オフショア開発で海外に業務を委託していれば被害を少なくすることができます。

 

オフショア開発のメリットについては以下の記事が詳しいです!

オフショア開発のメリットとデメリット
 

 

100%確実に開発コストが下がる
最強の仕組み!

本気でなんとかしたい方の無料相談募集中です。

無料相談 & お問い合わせ

一方、オフショア開発を導入する際のデメリットとは?


日本語によるコミュニケーションが取りづらい

 

オフショア開発では多くの場合に日本人が現地の外国人とやり取りをします。

現地の外国人は日本語能力がある場合がほとんどですが、細かいニュアンスの受け取り方が上手く行かない場合があります。

また仕様書や業務情報の共有が日本人とのやり取りに比べると、どうしても時間が掛かってしまいます。

 

日本との価値観や文化、商習慣の違いがある

 

納期に対する考え方やビジネスの進め方などがオフショア開発先と日本人とでは異なり、業務中のトラブルや成果物が品質基準に満たないという場合があります。

結果的に支払っている人件費は安くても、日本側での修正対応の工数が発生し、結果的にはコストが高くつくという失敗事例があります。

 

業務が属人的になるリスクがある

 

オフショア開発では日本とオフショア先の海外との業務をつなぐブリッジSEをアサインする場合があります。

ブリッジSEは日本語とエンジニアリングの両方ができる希少性の高い人材なため、ヘッドハンティングや引き抜きが横行しています。

ブリッジSEはオフショア開発プロジェクトの要となっているため、ブリッジSEが退職するとプロジェクトが崩壊しかねません。

 

オフショア開発のデメリットについては以下の記事が詳しいです! 

オフショア開発のメリットとデメリット

 

100%確実に開発コストが下がる
最強の仕組み!

本気でなんとかしたい方の無料相談募集中です。

無料相談 & お問い合わせ

数あるオフショア開発拠点のなかでもベトナムがおすすめ!


IT人材が多くて開発リソース調達が容易

 

ベトナムは国策としてIT教育を推進しており、大学や現地企業がIT系技術者の育成に力を入れています。

毎年5〜6万人近くの学生がIT系の学部を卒業して、IT系エンジニアになっています。

このような背景からIT人材が豊富なため、開発リソースの調達が容易です。

 

日本との時差が少なくてコミュニケーションが容易

 

日本とベトナムの時差は2時間で、日本の方が進んでいますが、ベトナム人は出勤時間が早いので、コミュニケーションに支障はありません。

また3連休以上の長期休みが少ないため、開発スケジュールが立てやすいのも魅力です。

 

親日国家で日本語コミュニケーションができる人が多い

 

ベトナム人は親日な人が多く、穏やかな国民性であるので、日本人に対してとてもフレンドリーです。

また教育機関で日本語を外国語として学んでいる場合があり、日本語でコミュニケーションが取れるベトナム人が多いです。

 

ベトナムのオフショア開発については以下の記事が詳しいです!

オフショア開発をベトナムで行うべき理由

100%確実に開発コストが下がる
最強の仕組み!

本気でなんとかしたい方の無料相談募集中です。

無料相談 & お問い合わせ

ベトナムオフショア開発は当社におまかせください!

 

時差が支障をきたさない

 

日本とベトナムの時差は2時間です。日本の方が2時間先に進んでいます。

しかし、ベトナムの始業は日本よりも早いため、時差が問題になりません。

具体的に当社は8:00に始業しますが、そのきに日本側は10:00なので、業務のタイムラグがありません。

 

徹底した品質管理

 

当社は徹底した品質管理を行っております。一般的なオフショア開発のような開発リソースを提供するだけではありません。

現地の日本人PMが仕様理解や進捗管理のサポートを必ず行い、さらに専属のQAチームが各開発チームの品質管理サポートを行っております。

また毎週チームごとに人材の査定を行い、プロジェクトにおける問題の早期発見・改善施策を徹底しております。

 

レベルの高い案件にも対応可能

 

当社は純粋な開発・製造(プログラミング)だけではなく、保守・運用も得意としております。

保守・運用においては、AWSサーバーのパフォーマンス・チューニングまで対応可能です。

24時間高稼働するサーバーを安定運用させるような高度な案件もおまかせください。

100%確実に開発コストが下がる
最強の仕組み!

本気でなんとかしたい方の無料相談募集中です。

無料相談 & お問い合わせ

一覧へ

まずはお気軽にお問い合わせください!

お客様に合った開発チームをご提案させていただきます。

無料見積もり & お問い合わせ